読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

偶像崇拝

だっていつまでも好きなんだもん

生徒になりたいジャニーズWEST7選(重岡さん編)

 

はいはい、こんにちは。

妄想するよって言ってましたもんね。妄想しますよ。昨日までのシリアスさは一回忘れましょうね。ちょくちょくああやって吐き出させてもらいますけど、基本的にはハッピージャニヲタだから、妄想しますよ。

 

私事ですが、昔高校の先生が好きだったんです。

あのね、漫画とかで見るほど綺麗なもんじゃないからね。

その方は私の在学中にご結婚なさって、終ぞ私が告白することはなかったけれど。たまに母校に行って会うとドキドキしますよ。あれから好きな人できてないんですよ、ピュアでしょう?←

 

それでは始めましょう。

 

重岡大毅

重岡先生。ありきたりだけど体育の先生ってことで。

マラソンとか一緒に走ってくれそうよね、ほかの先生は見てるだけなのに。マラソン大会で一番が取れなくて悔しがってそう。

「俺がお前らの年のころはもっと速かったしな!!」って言いそう。

 

体育嫌いやなぁ、マラソンとかしたくないってば。むしろ走りたくない、動きたくない…って思ってた高校入って最初の体育。

重岡先生に出会うんですね。

お、この先生かっこいいなぁ。笑顔もキラッキラで素敵!!

ちょっと体育も悪くないかって思いかけたところで、重岡先生による怒涛の授業。走る跳ぶ投げる、うわあ、ついていけない。

あ、無理や、こんなんでけへん、やっぱ体育嫌いやわ。

 

ほんまに嫌いな体育って、先生がかっこいいくらいじゃどうにもなら んのよね。

 重岡先生はニコニコニコニコしてるのに授業はきっついし、ちょっとかっこいいだけやん、やっぱり体育しんどいわって思うようになった頃です。

ハンドボール投げのテストとかかな。

「女子は10メートル超えやんとレポート提出な~!」

なんやねんそれ、と。無理なもんは無理やねん、と。

結局レポートを出さなければいけなくなったのは私だけ。

別に手抜いてるわけじゃないのに、なんでレポート出さなあかんねん、そう思いつつ仕上げて、提出しに重岡先生の元へ。

 

提出に来た私には気づかず、机に伏せて眠っている先生。

「ちょぉ、起きてくださいよ、レポート…」

あ、この人熱あるやん。普通に授業してたのに。全然気づかんかった。

「あ、お前か…レポート?俺そんなん出したっけ」

「出しましたよ、ていうか先生、熱あるやないですか」

「ああ…気ぃついたんか、お前鋭いなぁ。授業の時は結構元気やってんで。放課後…ちょっとしんどなってきた」

 

天敵のはずの重岡先生が弱ってるの、可愛い。(性癖)

というかもう机に伏せてるの可愛くない?可愛いよね??

 

 

「無理したらダメですよ、先生」

「せやけどなぁ~まだ仕事残ってんねん、お前のレポートの採点とか」

あら、ちょっと罪悪感。

「じゃあ私、レポート明日出しに来ますよ。提出遅れで点数引かれても、普段の体育の成績が悪すぎて逆にそんな響きませんし」

「ハハッ、優しいなぁ。ええわ、俺しんどいし。満点な」

って大して見もせずに満点くれちゃう。

「むしろごめんなぁ、頭ぼんやりしとってん。苦手やのに頑張ってるお前だけにレポート書かせるようなことして申し訳ないわ」

ちょっと頑張ってるのを認めてくれるの、最高。

よく見てくれてるんやなってなりますよね。好き(((

 

でも先生フラッフラやし、駅まで一緒に歩きますよってことに。

「心配してくれてありがとうな。これ、お礼」

って、いままでデコ冷やしてた缶ジュースくれますよ。欲しいですよね。

重岡先生の体温が伝わった缶ジュース

 

翌日けろっとして学校に来た重岡先生に、「昨日のことはみんなに内緒やで」って言われたい。ついでに「学校でお前にあんなに優しくしてもらったから、家で一人寂しかったわぁ」って独り身アピールされたい。私でいいならいつでも行くよ!!!!!!!

 

はい、ここまでで約1500文字。長い。

 

残り6人もいるんよ。全員分絶対に妄想したい。

お次は流星くんの予定です。